自動車運転中の携帯使用の罰金

自動車を運転中に携帯電話を使用していると違反の対象となり、交通の危険を生じさせた場合と保持した場合の2種類に分かれていて、両方とも5万円以下の罰金となり、交通の危険を生じさせた場合は3ヶ月以下の懲役の可能性もあります。しかし、両方とも交通反則通告制度の対象となり、軽微な違反については反則金の納付と行政処分のみで処理する事となるので、交通の危険を生じさせた場合は違反点数2点減点と9000円の反則金で、保持した場合は違反点数1点減点と6000円の反則金となります。また、自動車が停止状態の場合は携帯電話を使用しても罰金の対象にはならないのですが、少しでも動いている場合はアウトとなりますので注意するようにします。

運転中の携帯電話は使用禁止

自動車を運転している際に携帯電話を使用していると事故率がかなり上がるだけでなく、警察官に見つかると罰金を支払う必要が出てきます。運転中の携帯電話の使用だと一点加点されるだけでなく、罰則金として7000円程度支払わないといけなくなります。支払わないと最終的には簡易裁判所から支払い命令が出る場合があるので、必ず支払う必要があります。どうしても運転中に電話をする必要がある場合には、警察官に認められたハンズフリーの機械を利用して自動車運転をしなければいけません。その場合だと反則にはならないため罰則金は必要ないです。

運転中の携帯違反情報

↑PAGE TOP