自動車用ハンズフリーが必要です

最近あまり意識している人は多くないかもしれませんが、携帯電話を自動車で運転しながら使うには自動車用のハンズフリーシステムが必要です。直接電話機を耳に当てて通話をしていなければ違反にならないような気がしますが、実はスピーカーフォンでの利用でも違反ですので必ず専用のものを使わなければなりません。これは手にとって着信したり発信したりすることが危ないと言う判断から禁止されていることを考えるとわかりますが、単に電話をしているときに手を使わないだけでは十分に安全であるとは言えないからです。手に携帯を持っていなければ見ても違反をしているとわかりませんが違反は違反です。

運転しながらの携帯利用は違法

自動車を運転しながらの携帯利用は違法となります。電話の使用し、危険な運転となった場合、反則点数2、罰金9000円となります。また、保持しながらの運転でも反則点数1、罰金6000円となります。この保持というのは曖昧なところがありますが、運転中に画面を見てしまったらNGです。では、自動車運転中にハンズフリーでの通話はどうかというと、完全なるハンズフリーであれば問題ありませんが、イヤホンを使っての通話では条例違反となる都道府県があります。イヤホンで音が聞こえない状態が危険とみなすためです。ご自身の都道府県の条例を確認し、安全な運転をお願いいたします。

運転中の携帯違反情報

↑PAGE TOP