自動車での携帯使用は事故のもと

自動車を運転しながら携帯電話を使用することは法律で禁止されています。意識が散漫になって事故を起こす危険性が高くなるからです。自動車の運転というのは、集中力が大切で、意識はほかのところになると、咄嗟の判断ができなくなってしまいます。ハンドフリーであればOKということになっていますが、それでも意識が散漫になるのは同じです。もし携帯電話を使用するのなら、一旦クルマを止めてからゆっくりと使用する必要があります。ただ、中には路上駐車して後方車の妨げになっている場合もあります。駐車する場所にも気を使うのがマナーではないでしょうか。

運転中の携帯操作は危険です。

自動車運転中に携帯電話の操作は極めて危険です。これ以外にもタブレット端末等の操作も非常に危険で、捜査に没頭するあまり、安全確認を怠り交通事故を引き起こす懸念が高まります。近年、インターネットのSNSを経由したゲームを運転中に操作する人が、甚大な事故を起こしています。一定レベル以上の自動車であれば、携帯電話とペアリング設定することでハンドルスイッチやナビ画面でハンズフリー操作ができる車種もあります。車両価格が高いながら、事故等の損害を考えればこれらの性能が高いわけではありません。ブルートゥースを用いた、イヤーフォン等での通話や、安全性が確保された駐車スペースに車を停車させて操作するなど、モラルを持つことが交通事故の可能性を低減させます。

運転中の携帯違反情報

新着情報

↑PAGE TOP